ウォーレン・バフェット特集

ウォーレン・バフェット特集

ウォーレン・バフェットとは、「投資の神様」として有名なアメリカの投資家です。

1930年にネブラスカ州オマハに生まれ、幼い頃からビジネスに親しんで育ちました。
1954年になると、『賢明なる投資家』の著者で、バリュー投資の生みの親として知られるベンジャミン・グレアムのもとで働きます。

ところが、それから2年後にグレアムが引退を宣言。彼がいない会社で働いても仕方がないと、バフェット自身も若くして引退しようと考え、故郷のオマハへ戻り、身内のお金を預かって投資パートナーシップをスタート。

バフェットが運用する投資パートナーシップは伝説的なリターンを叩き出しますが、1970年頃に不調に陥ったことでパートナーシップを解散。

1965年より取締役になっていたバークシャー・ハサウェイの経営に専念することになり、そこから50年で世界最大のコングロマリットグループを築き上げました。

#1 ウォーレン・バフェットの経歴
#2 バフェットの投資に対する考え方  ehrxoerwjr83pa7fys4fa
#3 バフェットが提唱する「ルックスルー利益」とは Jq9igdjncjpvsbdrgereyq
#4 バフェットから投資家へ、決算報告を読む際の3つの忠告 2yulfgpzfm5bjasq7qid4g
#5 【書評】バフェットに学ぶ価値創造経営 Q? encoding=utf8&asin=4532321069&format= sl250 &id=asinimage&marketplace=jp&serviceversion=20070822&ws=1&tag=todayitscertain 22
#6 ウォーレン・バフェットが投資家人生の中で犯した3つの過ちとバークシャー・ハサウェイ過去24年の決算数値 Gxmb60pushkfgfkog2dluw
#7 ウォーレン・バフェットが過去に行なった「株式以外」の投資を元に語る「投資の基本原則」とは 7opxtwbh8gdlmpopgj33 a
#8 バフェットが投資した中で含み益が最大倍率となったのはどこか?バークシャーの過去41年からトップ6社をピックアップ! Vn nzzqd9yaqnepyyzpskg
#9 ウォーレン・バフェットの2Qにおけるポートフォリオ(航空会社関連は減少・カード関連は増加)
#10 オマハの賢人に世界中の投資家が注目する日!バークシャーハサウェイの株主総会の注目点をピックアップ。 Hgyhbces5aw5ckm4lfcxla
#11 企業価値評価に関するアプローチについて
#12 ルール変更にボヤきまくり!バークシャー・ハサウェイの2017年アニュアルレポートでバフェットが語った内容のまとめ Cstmnsz8xtizji8m gmotq
#13 2018年もバフェット節が炸裂!会社の「KPI」を変えたバークシャー・ハサウェイの年次報告書を確認 Arjgdyyeqaumgrflwxcreq