小売業界に分類される企業の売上規模です。マザーズ小売の売上トップはストリーム、既存小売企業のEC運営を支援事業などを行っている。営業利益率が最もたかい、ファンデリーは日本初の栄養士による宅配サービス「カウンセリングデリバリー」や理栄養士・栄養士コミュニティサイト「フーディッシュ」、外食メニューの栄養成分検索サイト 「フーディクト」などがある。

# 会社名 営業利益 売上高 営業利益率
1 オイシックス・ラ・大地 23億1200万円 640億2612万円 3.61%
2 BEENOS 17億700万円 252億7600万円 6.75%
3 TOKYO BASE 14億500万円 139億5364万円 10.07%
4 ファンデリー 7億1300万円 33億9482万円 21.0%
5 串カツ田中ホールディングス 5億5900万円 76億6760万円 7.29%
6 バルニバービ 5億800万円 115億1218万円 4.41%
7 マーケットエンタープライズ 4億5200万円 84億7250万円 5.33%
8 パシフィックネット 3億1000万円 41億7708万円 7.42%
9 ジェネレーションパス 1億9200万円 87億7812万円 2.19%
10 サンワカンパニー 8900万円 102億1300万円 0.87%
全ての企業リストを無料で見られるのは10件までとなっております。
全てをご覧いただくためには、月額1980円の Stockclipサポート会員 にご登録いただく必要があります。