ラクスのビジネスモデル・事業内容

ラクスの事業は「クラウドサービス事業」「IT技術者派遣事業」「レンタルサーバー事業」の3つに分かれている。

①クラウドサービス事業

クラウド事業には「メールディーラー」「配配メール」「クルメル」「働くデータベース」「楽々清算」「楽々明細」などのサービスがある。

ラクスの歴史・創業ストーリー

会社設立まで

創業者の中村崇則は大学卒業後、1996年4月にNTT(日本電信電話株式会社)へ就職します。当時のNTTはアメリカで開発されたインターネット関連のツールを導入していました。

中村氏は電子メールに可能性を感じ、多くの人にインターネットを使ってもらいたいと考えるようになり、 起業志向の強い同期5人とNTTで仕事を行いつつ、合資会社DNSを設立。

ラクスの財務データや関連統計

2014/3期の売上高は28億504万3000円でしたが、2019/3期には87億4333万2000円にまで増加。
経常利益率は2014/3期の15.1%から、2019/3期には16.9%にまで上昇しています。
2019/3期の総資産は61億4295万3000円、自己資本比率は74.8%、営業キャッシュフローは11億2030万1000円、投資キャッシュフローは-4億6356万9000円となっています。

>> もっと見る