武田薬品工業株式会社は大阪市中央区および東京日本橋に本社をおく企業。1781年、32歳の初代近江屋長兵衞が幕府免許のもと、当時の薬種取引の中心地だった大阪・道修町で和漢薬の商売を開始。1871年四代目長兵衞(この頃には武田に改姓)が横浜に洋薬の仕入れ組合をつくり、外国商館との取引を始めた。1895年より製薬事業を開始し、1925年株式会社武田長兵衞商店を五代目武田長兵衞を社長として設立。

武田薬品工業の業績推移

2011/3期の売上高は1兆4193億8500万円でしたが、2016/3期には1兆8073億7800万円にまで増加。
営業利益率は2011/3期の25.9%から、2016/3期には7.2%にまで低下しています。

>> もっと見る
Dw05ork41rlreg8pnlmzvg

【2016年3月期】武田薬品工業の業績

武田薬品工業の2016年3月期の売上収益は1兆8074億円、税引前利益は1205億円。

By 企業価値を考えるノート
>> もっと見る