カチタスは群馬県桐生市に本社をおく企業。
1978年石材業を行う株式会社やすらぎとして創業。
1988年宅地建物取引業免許を取得し不動産事業に進出。
1998年に中古住宅をリフォームして販売する事業形態を先駆けて確立。
中古住宅再生事業を中心として成長し、2013年現在の社名に変更。
2016年には中古住宅の累計販売戸数が4万戸を突破。
2017年12月東証第一部上場。

カチタスの業績推移

2016/3期の売上高は393億3700万円でしたが、2019/3期には813億5600万円にまで増加。
経常利益率は2016/3期の8.5%から、2019/3期には10.7%にまで上昇しています。
2019/3期の総資産は474億600万円、自己資本比率は40.8%、営業キャッシュフローは20億6900万円、投資キャッシュフローは-2000万円となっています。

>> もっと見る