大幸薬品株式会社は大阪府大阪市に本社をおく企業。1902年より中島佐一が大阪府にて製造販売していた忠勇征露丸(現『正露丸』)の製造販売権を、前身である柴田製薬所の柴田音治郎が1946年に継承して設立。1954年には『正露丸』の輸出を開始。1966年『セイロガン糖衣』、1981年『セイロガン糖衣A』の販売を開始。1992年『正露丸』の主原料である日局木クレオソートの原料の製造を目的に、大幸クレオソート株式会社を設立。2009年東証二部、2010年東証一部に上場。

大幸薬品の業績推移

2012/3期の売上高は66億8381万2000円でしたが、2019/3期には104億1864万6000円にまで増加。
経常利益率は2012/3期の8.4%から、2019/3期には18.1%にまで上昇しています。

>> もっと見る