スマレジのビジネスモデル・事業内容

スマレジのメイン事業は、飲食店や小売店が販売情報の管理・分析を行うためにうクラウド型POSレジ「スマレジ」の提供です。

また、それだけでなく、ユーザーが使用するタブレット、レシートプリンター等のレジ周辺機器等の販売も行なっています。

そのため、売上となるのは大きく2種類で、各クラウドサービスの提供によって月額利用料を受け取る「クラウドサービス月額利用料等」と、ユーザーにレジ周辺機器などの販売を行う「クラウドサービス関連機器販売等」に分けられます。

スマレジの歴史・創業ストーリー

Web制作ファームとしての創業

2000年、大阪府岸和田市にて徳田 誠氏と望月 拓也氏の2名によって創業。

徳田氏は1997年に(株)ジャンクション・プロデュースに入社。工業デザイナーをへて、1999年よりウェブ、システム業界に身を投じました。

スマレジの財務データや関連統計

2015/4期の売上高は3億4803万円でしたが、2019/4期には19億7662万円にまで増加。
経常利益率は2015/4期の10.5%から、2019/4期には20.7%にまで上昇しています。

>> もっと見る

スマレジの決算資料・開示資料

日付 種別
2019年11月06日 決算資料 訂正報告書 オリジナル
2019年10月30日 決算資料 変更報告書 オリジナル
2019年09月13日 決算資料 確認書 オリジナル
2019年09月13日 決算資料 四半期報告書 オリジナル
2019年09月13日 決算説明資料 第15期第1四半期決算説明資料 オリジナル
2019年09月13日 決算短信 2020年4月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(非連結) オリジナル
2019年09月06日 適時開示 2020年4月期第2四半期累計期間及び通期業績予想の修正に関するお知らせ オリジナル
2019年07月31日 決算資料 臨時報告書 オリジナル
2019年07月31日 決算資料 内部統制報告書 オリジナル
2019年07月31日 決算資料 確認書 オリジナル
>> もっと見る