フィードフォースのビジネスモデル・事業内容

フィードフォースは、デジタルマーケティング領域において、データフィードや構造化データ、ID連携などのテクノロジーを駆使し、「企業がもつ情報を適切な形でユーザーに届ける」ことで、企業が抱える課題の解決や、生産性の向上を支援している。

データフィードとは、インターネット上のデータを送受信する仕組みのこと。 データの形式や通信方法を決めておくことで、データのやり取りをスムーズに行い、更新情報を素早く同期することができる。

データフィードを活用する最大のメリットは、「簡単に様々な場所に散らばった情報を最新の情報に保てること」。

フィードフォースの財務データや関連統計

2015/5期の売上高は3億2884万2000円でしたが、2019/5期には7億13万3000円にまで増加。
経常利益率は2015/5期の-0.2%から、2019/5期には5.0%にまで上昇しています。

>> もっと見る