日本工営株式会社は、東京都千代田区に本社をおく建設コンサルティングを主な事業とする企業。1946年、戦後の混乱期のなか、国土復興という志を実現するために前身となる新興産業建設社が設立。経営理念は「誠意をもってことにあたり、技術を軸に社会に貢献する」。河川・港湾・上下水・ダム・建築・空港などの各種建築プロジェクトのコンサルティング事業と、発電・再生可能エネルギーの電力エンジニアリング事業を展開。

日本工営の業績推移

2013/6期の売上高は68億9600万円でしたが、2018/6期には1060億2300万円にまで増加。
営業利益率は2013/6期の-46.6%から、2018/6期には6.2%にまで上昇しています。

>> もっと見る