株式会社リブセンスは東京都品川区に本社をおくインターネット関連企業。2006年に設立され、アルバイト求人サイト「ジョブセンス」を開始、2008年には求人情報掲載数が1万件を突破し、同年転職求人サイト「ジョブセンス社員」を開始。2009年には派遣社員求人サイト「ジョブセンス派遣」、2010年賃貸情報サイト「DOOR賃貸」を開始。2011年東証マザーズに上場、翌年東証一部に指定。2015年には新卒就職活動サポートサイト「就活会議」、医療情報サイト「治療ノート」などを提供開始。

リブセンスの業績推移

2010/12期の売上高は6億3700万円でしたが、2017/12期には63億5077万円にまで増加。
営業利益率は2010/12期の34.1%から、2017/12期には3.5%にまで低下しています。
2017/12期の総資産は43億4808万7000円、自己資本比率は79.1%、営業キャッシュフローは4億5000万6000円、投資キャッシュフローは-1億110万5000円となっています。

>> もっと見る
ノート一覧
Mo698awvnzpa851a7niwmw

不動産メディア事業が46%増収!「リブセンス」2018年3Q決算

今回は求人サイトや不動産メディアを運営する「リブセンス」(証券コード:6054)2018年3Q決算が発表されました。

Iwjwq29ylojn4kd2o9eiww

ダークホースの不動産事業が増収に貢献!「リブセンス」2018年2Q決算まとめ

今回は求人サイトや不動産メディアを展開している「リブセンス」の決算を見ていきたいと思います。