日本製粉株式会社は、東京都千代田区に本社をおく企業。1896年に日本初の欧米式機械製粉設備を採用し、小麦粉月産能力440トンで東京・深川扇橋にて操業開始。操業以来の製粉事業、製粉事業から発展した業務用食品事業、家庭用食品事業、冷凍食品事業のほか、外食と家庭での食事との中間に位置づけられる中食事業、健康食品を中心としたヘルスケア事業や研究開発を展開する。

日本製粉の業績推移

2012/3期の売上高は2690億9400万円でしたが、2018/3期には3234億9500万円にまで増加。
経常利益率は2012/3期の3.8%から、2018/3期には3.7%にまで低下しています。

>> もっと見る