日本甜菜製糖株式会社は、東京都港区に本社をおく企業。株主には明治ホールディングス。大正8年に前身の北海道製糖が設立されたのが始まり。砂糖を中心に経営を多角化し、てん菜と製糖技術を中心とした基礎研究のほか、生物工学の分野にも進出している。生イーストやドライイースト、乳牛・肉牛用配合飼料などの生産も展開。

クリップ
国内企業

日本甜菜製糖の業績推移

2012/3期の売上高は573億6500万円でしたが、2018/3期には588億9500万円にまで増加。
経常利益率は2012/3期の3.7%から、2018/3期には3.4%にまで低下しています。

>> もっと見る