毎日配信!企業分析レポートのご購読はこちら

日本水産の歴史・創業ストーリー

日本水産の沿革

2018年4月 NIPPON SUISAN(U.S.A.), INC.(アメリカ)が北米において水産物販売会社F.W.BRYCE, INC.(アメリカ、現・連結子会社)を買収。

2018年4月 NORDIC SEAFOOD A/S(デンマーク)へ資本参加(現・連結子会社)。

2017年7月 GORTON'S INC. (アメリカ、現・連結子会社)が、北米において業務用の水産調理冷凍食品会社KING&PRINCE SEAFOOD CORP.(アメリカ、現・連結子会社)を買収。

2016年1月 伊万里油飼工場が竣工。

2013年10月 NIPPON SUISAN (U.S.A.), INC.(アメリカ)が北米において家庭用の水産調理冷凍食品「ゴートンズ」「ブルーウォーター」の事業を買収。

2013年1月 SEALORD GROUP LTD.(ニュージーランド)へ資本参加。

2011年7月 東京総合物流センターが竣工。

2006年3月 姫路総合工場が竣工。

2006年1月 大分海洋研究センターが竣工。

2002年12月 日水製薬株式会社 東京証券取引所二部に株式を上場。

2002年8月 川崎冷凍工場が竣工。

1990年2月 NIPPON SUISAN AMERICA LATINA S.A.(チリ)を設立(現・連結子会社)。

1943年3月 日本海洋漁業統制株式会社を設立。