リファインバース株式会社は東京日本橋人形町に本社をおく廃棄物を原料とする素材メーカー。2001年に現在の樹脂再生技術を確立し、2002年に株式会社御美商が東京都葛飾区に中間処理施設(リファイン1)を設立。2003年に事業持株会社リファインバース株式会社となる。リサイクル業界において高度な精密加工技術を独自開発し、使用済みのタイルカーペットから合成樹脂素材を高効率で取り出すことに成功した。

リファインバースの業績推移

2014/6期の売上高は17億222万7000円でしたが、2019/6期には25億2600万円にまで増加。
経常利益率は2014/6期の6.0%から、2019/6期には-11.4%にまで低下しています。

>> もっと見る