燦キャピタルマネージメント株式会社は大阪市に本社をおく企業。2001年より投資ファンド運営事業に本格参入。2006年大阪ヘラクレス上場、2013年に市場統合によりJASDAQ上場。開発型を含めた不動産証券化のアレンジメント業務、資金調達アドバイザリー業務を不動産事業として行うほか、国内外の太陽光やバイオマス発電のクリーンエネルギー事業への投資も行う。その他にも企業のM&Aやアレンジメント業務を展開。

燦キャピタルマネージメントの業績推移

2012/3期の売上高は13億9139万6000円でしたが、2017/3期には2億8984万2000円にまで減少。
経常利益率は2012/3期の-18.9%から、2017/3期には-111.2%にまで低下しています。

>> もっと見る