日立マクセル(株)は、3つの事業セグメントで動作する日本の会社です。情報メディア部門は、コンピュータテープ、放送用ビデオテープ、ブルーレイディスク、デジタル多用途ディスク(DVD)、コンパクトディスク(CD)、オーディオテープやビデオテープを製造・販売しています。バッテリーのセグメントは、リチウムイオン電池、コイン形リチウム二次電池、酸化銀電池、リチウム一次電池とアルカリ乾電池を製造・販売しています。材料、デバイスおよび電気用品セグメントは、光学部品、機能性材料、粘着テープ、無線周波数識別(RFID)システム、小型電気機器、電鋳、精密部品、ならびに成形品および合成樹脂成形品を製造・販売します。 2009年10月1日に、当社は2010年3月に子会社、マクセル北陸精器(株)と合併、当社が株式会社日立製作所の子会社となりました

マクセルホールディングスの業績推移

2013/3期の売上高は1092億3400万円でしたが、2016/3期には1562億1600万円にまで増加。
経常利益率は2013/3期の1.8%から、2016/3期には4.3%にまで上昇しています。

>> もっと見る