株式会社コシダカホールディングスは、東京都港区と群馬県前橋市に本社をおく企業。昭和29年に東京世田谷桜新町にて屋台の中華そば屋を開店したのがはじまり。カラオケ店「カラオケまねきねこ」「ZEROカラ」「ひとりカラオケ専門店ワンカラ」、カラオケシステム「すきっと」などのカラオケ事業、米国テキサス発の女性専用フィットネス「カーブズ」のFC運営、「まねきの湯」「らんぶの湯」などの温浴事業を展開する。

コシダカホールディングスの業績推移

2006/8期の売上高は88億7800万円でしたが、2018/8期には617億7100万円にまで増加。
営業利益率は2006/8期の6.2%から、2018/8期には12.7%にまで上昇しています。

>> もっと見る
ノート一覧
Nveyqv6colnlq8yjw7jyhg

『カーブス』のプロテイン売上が40%増!カラオケ事業の収益性も右肩上がりの「コシダカホールディングス」

カラオケ『まねきねこ』やフィットネスクラブ『カーブス』などを展開する「コシダカホールディングス」(証券コード:2157)の2018年8月期決算が発表されました。

Wofhnmn3 9zresrue ytyw

カーブスの親会社、アイデアで既存業態に活路を見出すコシダカを分析!

こんにちわ。ぶんせき君です!本日は街を歩けば見かけるフィットネスの「カーブス」とその親会社のコシダカホールディング(2157)を分析したいと思います。