ファナック株式会社は山梨県忍野村、富士山の麓、広さ51万坪にわたる森の中に本社をおく企業。欅の樹をシンボルとする。1956年、日本で民間初となるNC(数値制御装置)とサーボの開発に成功、以来一貫して工場の自動化を追求。1972年に富士通より分離設立。現在は、ファナックの基本技術であるNCとサーボからなるFA事業と、その基本技術を応用したロボット事業、そしてロボマシン事業の3つを事業の柱としている。

ファナックの業績推移

2014/3期の売上高は4509億7600万円でしたが、2015/3期には7297億6000万円にまで増加。
営業利益率は2014/3期の36.4%から、2015/3期には40.8%にまで上昇しています。

>> もっと見る