日立造船株式会社は大阪市住之江区に本社をおく企業。1881年、英国人E. H. ハンターが大阪鉄工所(個人経営)を大阪安治川岸に創立。1882年には新造第1船「初丸」(木造14GT)、1890年には日本初の鋼船・大阪商船向け貨客船「球麿川丸」を建造。2002年には併記ネーム「Hitz(ヒッツ)」を使用開始。現在はグリーンエネルギー、社会インフラ整備、防災システムなどの事業領域において技術力を発揮。

日立造船の決算資料・開示資料
日付 種別
2019年04月26日 決算資料 訂正発行登録書 オリジナル
2019年04月26日 決算資料 臨時報告書 オリジナル
2019年04月26日 適時開示 特別損失の計上に関するお知らせ オリジナル
2019年04月22日 決算資料 変更報告書 オリジナル
2019年04月04日 決算資料 変更報告書 オリジナル
2019年04月04日 決算資料 変更報告書 オリジナル
2019年03月25日 決算資料 変更報告書 オリジナル
2019年03月13日 決算資料 訂正発行登録書 オリジナル
2019年03月12日 適時開示 2019年3月期第3四半期報告書の提出完了に関するお知らせ オリジナル
2019年03月12日 決算資料 確認書 オリジナル

日立造船の業績推移

2013/3期の売上高は2967億9200万円でしたが、2017/3期には3993億3100万円にまで増加。
経常利益率は2013/3期の3.8%から、2017/3期には2.8%にまで低下しています。
2018/3期の総資産は3918億6000万円、自己資本比率は30.4%、営業キャッシュフローは-33億7300万円、投資キャッシュフローは-107億2500万円となっています。

>> もっと見る