会社概要

株式会社パソナグループは、東京都千代田区に本社をおく企業。1976年、大阪市北区に人材派遣事業を主業務として株式会社テンポラリーセンターを設立したのがはじまり。2003年東証一部上場。あらゆる職種の専門家を派遣するエキスパートサービス、幅広い業種の採用を支援するプレース&サーチ、再就職支援、人事コンサルティングや、人材育成プログラムの提供、海外人材の採用支援、福利厚生サービスを展開。

パソナグループの業績推移

2011年5月期の売上高は1788億600万円だったが、2017年5月期には2803億9500万円にまで成長した。営業利益率は2006年5月期の3.8%から、2012年5月期には1.08%にまで減少。

単位: 円 2016年5月 2017年5月 2018年5月
売上高 2637億2800万 2803億9500万
営業利益 38億6000万 44億8800万
経常利益 38億5500万 43億1900万
純利益 2億4300万 -1億2900万
株主資本 267億3500万 280億6200万
総負債 586億2100万 665億2200万
総資産 853億5600万 945億8400万
現金及び現金同等物 164億4100万 210億6200万
営業利益率 1.46% 1.6%
経常利益率 1.46% 1.54%
当期利益率 0.09% -0.05%
自己資本比率 31.32% 29.67%
営業キャッシュフロー 4億8200万 64億6400万
投資キャッシュフロー -21億7600万 -37億1300万
財務キャッシュフロー -20億2400万 18億9000万
営業キャッシュフローマージン 0.18% 2.31%
フリーキャッシュフロー -16億9400万 27億5100万
売上成長率 16.58% 6.32%
営業利益成長率 10.6% 16.27%
経常利益成長率 15.32% 12.04%
純利益成長率 13.55% -153.09%
ROE 0.86% -0.47%
ROA 0.28% -0.14%
一株あたり利益 6.62
従業員数 7144 7238

売上高2600億円を超えるまで成長したパソナグループの業績

パソナグループは連結子会社58社と持分法適用関連会社4社を傘下にもつ企業。昭和51年に主婦の就労機会創出を主な事業目的としてその前身が創立された。現在はエキスパートサービス(人材派遣)、インソーシング(委託・請負)、キャリアソリューション(人材紹介、再就職支援)、福利厚生アウトソーシングなどの人材関連事業を広く展開。

創業者の南部 靖之氏は1970年代、ソフトバンクの孫正義、エイチ・アイ・エスの澤田秀雄とともにベンチャー三銃士と称された。



続きを読む...