いすゞ自動車株式会社は、東京都品川区に本社をおく自動車メーカー。1916年に東京石川島造船所と東京瓦斯電気工業が自動車製造を企画したのが始まり。1922年にはウーズレーA9型国産第1号乗用車を完成。1934年には商工省標準形式自動車を伊勢神宮の五十鈴川に因んで「いすゞ」と命名し、社名の由来となった。第二次大戦の後、トラックの開発・生産に注力したほか、バスや産業用エンジンを次々と開発してきた。

いすゞ自動車の業績推移

2012/3期の売上高は1兆4000億7400万円でしたが、2019/3期には2兆1491億6800万円にまで増加。
経常利益率は2012/3期の7.4%から、2019/3期には8.8%にまで上昇しています。

>> もっと見る