キヤノン株式会社は東京都大田区に本社をおく企業。1933年、東京麻布六本木に高級小型写真機の研究を目的とする精機光学研究所を開設。翌年に国産初の35mmフォーカルプレーンシャッターカメラ「KWANON(カンノン)」を試作。1935年に商標CANONを出願し、1936年35mmフォーカルプレーンシャッターカメラ「ハンザキヤノン」を発売。1937年、精機光学工業株式会社を設立。カメラや複合機を扱う。

キヤノンの業績推移

2016/12期の売上高は3兆4014億8700万円でしたが、2017/12期には4兆800億1500万円にまで増加。
経常利益率は2016/12期の7.2%から、2017/12期には8.7%にまで上昇しています。

>> もっと見る
Vhgqbyft80l1f2r8ohc7kg

【2016年12月期】キヤノンの業績内訳

2016年12月期の売上高は3兆4015億円、税引前当期利益が2447億円。

By 企業価値を考えるノート
>> もっと見る