株式会社リコーは東京銀座に本社をおく企業。理化学研究所の研究を工業化するため設立された理化学興業より感光紙事業を継承し、1936年に理研感光紙(株)として創業。翌年にはカメラ事業にも進出。1950年代には国内初のカメラの大量生産体制を確立。1955年には事務機分野にも進出。1977年には「OA(オフィス・オートメーション)」を提唱し、オフィスの生産性向上を支援。その後もデジタル複写機の普及を推進。

ノート一覧
4qvvzgh4taqpan12ipnxya

「リコー」最終赤字1,354億円
からの復活

2019年06月24日 20:00

今回のカメラ特集でフォーカスするのは「リコー」(証券コード:7752)です。

3yfsxgpzllefzzn0am680w

売上高2兆円企業でも営業利益はたったの200億円!複写機大手「リコー」で何が起きているのか?

2018年02月06日 08:19

リコーと言えばコピー機(複写機)メーカーとして有名で、売上高は2兆円にも及ぶ、日本を代表する大企業です。

Timc7t7murdjieedarnqda

【2016年3月期】リコーの事業セグメントと業績内訳

2017年04月24日 11:51

リコーの2016年3月期の売上高は2兆2090億円、税引前利益957億円で、事業セグメントとそれぞれの概要は以下の通り。

リコーの業績推移

2013/3期の売上高は1兆8118億1400万円でしたが、2016/3期には2兆2090億2800万円にまで増加。
当期利益率は2013/3期の2.2%から、2016/3期には2.9%にまで上昇しています。
2019/3期の総資産は2兆7251億3200万円、自己資本比率は34.2%、営業キャッシュフローは819億4700万円、投資キャッシュフローは-459億3100万円となっています。

>> もっと見る