カンロ株式会社は、東京都中野区に本社をおく会社。1912年、宮本政一が山口県熊毛郡にて「宮本製菓所」を開業したのがはじまり。1955年に販売開始したカンロ飴がヒットし、1962年東証二部上場。現在は「ピュレグミ」「金のミルク」「メゾン・ド・コンフィズリー」「茎わかめ」など、のど飴、キャンディ、グミ、素材菓子を中心に販売。キャッチコピーは「ひと粒のメッセージ」。

カンロの業績推移

2013/12期の売上高は183億1001万8000円でしたが、2017/12期には213億392万1000円にまで増加。
営業利益率は2013/12期の0.9%から、2017/12期には4.4%にまで上昇しています。
2017/12期の総資産は182億7509万3000円、自己資本比率は54.7%、営業キャッシュフローは15億1288万5000円、投資キャッシュフローは-8億3097万円となっています。

>> もっと見る