亀田製菓株式会社は、新潟県新潟市に本社をおく企業。1946年、現亀田工場(元町)において亀田郷農民組合委託加工所を創業し、水飴の委託加工を開始した。1961年「サラダホープ」、1966年「ピーナッツ入り柿の種」、1967年「サラダうす焼」、1976年「ハッピーターン」、1986年「まがりせんべい」「ぽたぽた焼」、1993年「つまみ種」、2005年「手塩屋」などを発売。現在もその多くを主力商品とする。

クリップ
製菓 食品

亀田製菓の業績推移

2012/3期の売上高は787億8918万6000円でしたが、2018/3期には995億2200万円にまで増加。
経常利益率は2012/3期の5.2%から、2018/3期には6.5%にまで上昇しています。

>> もっと見る