毎日配信!企業分析レポートのご購読はこちら

プロネクサスの歴史・創業ストーリー

プロネクサスの沿革

2016年11月 日本企業ベトナム進出サポート体制強化に向け、ベトナム ダナン投資促進センターと業務提携

2016年4月 「新中期経営計画2018」を策定

2016年4月 開示実務支援サービス「WORKS-Core」提供開始

2015年12月 「株式会社ビジネスブレイン太田昭和」と業務資本提携

2015年12月 「株式会社ビジネスブレイン太田昭和」と業務資本提携

2015年4月 「株式会社a2media」及びその子会社である「Japan REIT株式会社」について、連結の範囲から除外し、持分法適用関連会社化

2015年3月 開示BPOサービス会社「株式会社ディスクロージャー・プロ」を35%出資して設立、持分法適用関連会社化

2014年7月 「台湾普羅納克廈斯股份有限公司」を100%連結子会社として台北に設立、日系企業向けBPO事業を開始

2013年11月 Web制作専門会社の「株式会社ミツエーリンクス」に20%出資し、持分法適用関連会社化

2013年7月 「株式会社a2media」から不動産投資信託関連システム開発会社「Japan REIT株式会社」を新設分割

2013年4月 財務資料専門の翻訳会社「日本財務翻訳株式会社」を完全子会社化

2013年1月 「株式会社日立ハイテクノロジーズ」の企業情報データベース「NEXT有報革命」を承継、「eolDB」に統合

2011年6月 投資信託書類作成支援システム「PRONEXUS FUND DOCUMENT SYSTEM」を開発

2011年6月 中期経営計画2011を策定

2011年4月 物流体制再編のため、100%連結子会社「株式会社セキュリティー・ロジスティックス」を吸収合併

2011年4月 データベース事業の海外展開のため、台北に駐在員事務所を設置

2010年10月 データベース・WebIR事業強化のため、100%連結子会社「株式会社イーオーエル」を吸収合併

2010年10月 及び「株式会社アスプコミュニケーションズ」が、それぞれ加入する総合設立型厚生年金基金(東京印刷工業厚生年金基金及び中部印刷工業厚生年金基金)から脱退

2010年9月 森林資源保護活動の一環として「プロネクサスの森」を山梨県道志村に設置する契約を締結

2010年7月 東京都港区虎ノ門の本社工場を閉鎖、埼玉県戸田市の戸田工場竣工、稼働開始

2010年6月 上野剛史が社長に就任

2010年4月 「亜細亜証券印刷株式会社」が、証券印刷部門をへ移管し営業活動を休止

2009年11月 上記土地収用に伴い、埼玉県戸田市に新工場の建設を開始

2009年7月 東京都との間で、港区虎ノ門の本社工場用地の都市計画事業収用に関する補償契約を締結

2009年5月 CSR活動の一環として「プロネクサス懸賞論文」の募集を開始

2009年4月 ISO27001・ISO9001・ISO14001の「統合マネジメントシステム」認証を全社範囲で取得

2009年4月 開示書類作成支援ツール「WORKS-i」のサービス提供開始

2008年7月 開示書類作成支援システム「PRONEXUS  WORKS」のサービス提供開始

2008年6月 執行役員制度を導入

2008年5月 品質マネジメントシステムISO9001の認証を全社範囲で再取得

2008年4月 情報セキュリティマネジメントシステムISO27001の認証を全社範囲で取得

2008年2月 本社事務所を東京都港区海岸一丁目に移転[現在地]

2006年12月 財務資料専門の翻訳会社「日本財務翻訳株式会社」を合弁で設立

2006年10月 「株式会社プロネクサス(英文名 PRONEXUS INC.)」に商号変更

2006年10月 証券印刷部門を簡易新設分割し、旧社名を引き継ぐ「亜細亜証券印刷株式会社」として設立

2006年5月 新・経営理念を制定、新たに行動基準を制定

2006年5月 製造部門が環境マネジメントシステムISO14001の認証を取得

2005年1月 大阪支店事務所を大阪証券取引所ビル内に移転(大阪市中央区北浜)

2004年10月 「株式会社アスプコミュニケーションズ」が、財団法人日本科学技術連盟より2004年度TQM奨励賞を受賞

2004年9月 東京証券取引所市場第一部銘柄の指定を受ける

2003年5月 開示書類作成支援システム「エディッツ・サービス」を本格導入

2003年3月 「株式会社アスプコミュニケーションズ」が、情報セキュリティ国際基準「ISMS」の認証を取得

2002年8月 IR事業拡充のため、IRツールの企画制作を行う「株式会社エーツーメディア」を設立(現・「株式会社a2media」)

2002年8月 IR事業拡充のため、IRツールの企画制作を行う「株式会社エーツーメディア」を設立(現・持分法適用関連会社「株式会社a2media」)

2001年6月 コンテンツ事業開拓のため、企業財務情報のWeb配信を行う「株式会社イーオーエル」を設立

2001年3月 「株式会社アスプコミュニケーションズ」内「ASP情報センター」を、セキュリティ・能力強化拡充のため増築

2000年4月 製品等の配送業務を行うため、「株式会社セキュリティー・ロジスティックス」を設立

1999年5月 「株式会社アスプコミュニケーションズ」内に「ASP情報センター」を設置

1999年5月 お客様専用ハイセキュリティ送受信ネットワークASPNET運用開始

1999年3月 中国地区における営業強化のため、広島営業所を設置(広島市中区)

1997年1月 事業規模の拡大に向け富山市に工場を新築、「株式会社アスプコミュニケーションズ」に貸与、同社本社を移転

1996年9月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場

1995年10月 北海道地区における営業強化のため、札幌営業所を設置(札幌市中央区)

1995年3月 顧客へのディスクロージャー実務関連情報サービス機関として、ディスクロージャー実務研究会を発足

1994年12月 九州地区における営業強化のため、福岡営業所を設置(福岡市中央区)

1994年7月 日本証券業協会に株式を店頭登録

1991年1月 東海地区における営業強化のため、名古屋営業所を設置(名古屋市中区)

1989年12月 文字処理体制強化のため、富山市に「株式会社アスプコミュニケーションズ」を設立(現・連結子会社)

1988年8月 大阪営業所(現・大阪支店)を北浜に移転(現在地  大阪市中央区北浜)

1986年1月 IPS(Integrated Publishing System=電子出版システム)を導入、文字処理の充実を図る

1985年12月 本社及び本社工場を新築(東京都港区)

1985年4月 有価証券印刷、商法(現・会社法)関連書類に加え、上場、決算、ファイナンスなど証券取引法(現・金融商品取引法)関連開示書類を開拓、「ディスクロージャー・ビジネス」として事業分野を拡大

1978年4月 株券印刷専門会社から、株主総会関係書類をはじめとする商法(現・会社法)関連書類の印刷専門会社に事業を拡大

1976年1月 上野守生が社長に就任

1975年12月 東京都港区に工場建物を購入、株券印刷専門の新橋第1工場とする

1973年3月 関西地区における営業強化のため、大阪営業所(現・大阪支店)を設置(大阪市天王寺区)

1968年10月 ビジネスフォーム分野に進出

1957年7月 各証券取引所より上場会社の適格株券印刷会社として確認を得る

1952年5月 本社工場を移転(東京都港区)

1947年5月 株券、証券の印刷を目的として「亜細亜証券印刷株式会社」を設立(東京都中央区)