伊藤忠商事株式会社は、大阪市に本社を置く、様々な分野で輸出入や三国間取引を行う大手総合商社大手。1858年初代伊藤忠兵衛が麻布の行商で創業したことがはじまり。現在の株式会社は1949年12月に設立、翌年1950年に上場した。世界63ヶ国の約120の拠点で、繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、情報、金融の各分野において、輸出入及び三国間取引を行うほか、国内外における事業投資など、幅広いビジネスを展開している。

ノート一覧
Urwnbyyz75ynftafcchlua

【2016年3月期】伊藤忠商事の事業セグメントと収益内訳

2017年04月13日 11:09

伊藤忠商事について調べる。全体の業績は、2016年3月期で収益5兆円、税引き前利益3227億円という規模。

Ydsgqscm7zruqipqosb6sg

三井物産、伊藤忠テクノロジーベンチャーズも投資した米企業Box

2016年12月10日 17:10

今やGoogle Could、Amazon Could, Apple iCould, DropBoxなどクラウド上にファイルを保管するサービスが数多くある。Boxもこのようなサービスの一つであり、現在Boxは4100万人のユーザー及びGEやP&Gなどフォーチューン500の約60%もの企業を含む66,000法人が使うサービスまで拡大している。今回はそのBoxについて見てみる。

Ujg2ozaxrvd12vzo5hc4ha

伊藤忠グループが仕掛ける主な非資源分野ブランド

2016年12月04日 17:00

スカパー!やドール、エドウィン、コンバース、ファミマ、エビアンまで。

伊藤忠商事の業績推移

2011/3期の売上高は3兆5817億9500万円でしたが、2015/3期には5兆5914億3500万円にまで増加。
経常利益率は2011/3期の5.1%から、2015/3期には7.5%にまで上昇しています。

>> もっと見る