三菱商事株式会社は東京丸の内に本社をおく総合商社。1947年にGHQの指令による旧三菱商事の解散の後、1954年に設立。1968年、初の大型投資となるブルネイでのLNG開発事業への投資を決定。1986年には売上高より収益重視の方針を徹底し、経営計画「K-PLAN」を策定。1989年にはロンドン証券取引所に上場。「三綱領」として岩崎小彌太が発意した「所期奉公」「処事光明」「立業貿易」を社是に掲げる。

三菱商事の業績推移

2012/3期の売上高は5兆5658億3200万円でしたが、2015/3期には7兆6694億8900万円にまで増加。
当期利益率は2012/3期の8.1%から、2015/3期には5.2%にまで低下しています。

>> もっと見る
ノート一覧
Vmdptzhwmniiz7oe71ktcq

三菱商事の事業部門と各セグメントの業績

総合商社ほどわかりにくいものはなかなかない。しかし、事業セグメントがどう構成されているかと、各事業セグメントがどのくらい稼いでいるかを把握するだけでも、その企業について知った気になれることに最近気がついた。

By 企業価値を考えるノート
Nztzmvdvo3corzjykmn30w

高待遇企業7社における5年間の平均年収推移 - キーエンスでは455万円の増大

格差社会が叫ばれる昨今ですが、世の中には平均年収1000万円を優に超える「高待遇」企業もあります。総合商社、メガバンク、テレビ局、大手広告代理店、一部のインターネット企業、キーエンス、などが高給取りとして知られています。

By 企業価値を考えるノート