丸大食品は大阪府高槻市に本社をおく企業。
1954年、小森敏之が魚肉ハム・ソーセージの製造販売を目的に丸大食品工場として創業した。
1968年東証第二部上場、昭和47年に東証第一部に指定替え。
「燻製屋熟成ウインナー」「本焼工房焼豚」「うす塩シリーズ」などを展開するハム・ソーセージ事業、「チキンナゲット」「スンドゥブ」などを扱う調理加工食品事業、世界各国の食肉を扱う食肉事業などが中心。

丸大食品の業績推移

2012/3期の売上高は2041億2700万円でしたが、2018/3期には2395億8600万円にまで増加。
経常利益率は2012/3期の3.0%から、2018/3期には1.2%にまで低下しています。

>> もっと見る