エイチ・ツー・オーリテイリングは大阪市北区に本社をおく企業。小林一三により1925年に阪急直営マーケットが開業。1929年には阪急百貨店を創業し、1947年京阪神急行電鉄より分離独立し、株式会社化。2007年に阪神百貨店との経営統合により現在の体制となる。関西地区を中心とする百貨店事業のほか、食品スーパーマーケット、ショッピングセンター、ビジネスホテルや飲食店、個別宅配などの事業を広く展開。

エイチ・ツー・オー リテイリングの業績推移

2011/3期の売上高は4650億3300万円でしたが、2019/3期には9268億7200万円にまで増加。
経常利益率は2011/3期の2.4%から、2019/3期には2.3%にまで低下しています。
2019/3期の総資産は6633億3500万円、自己資本比率は42.2%、営業キャッシュフローは153億9200万円、投資キャッシュフローは-366億8200万円となっています。

>> もっと見る