株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループは東京丸の内に本社をおく銀行持株会社。
2001年に東京三菱銀行、三菱信託銀行、日本信託銀行の経営統合により、三菱東京フィナンシャル・グループとして設立。
2004年にUFJグループと経営統合。
2006年には東京三菱銀行とUFJ銀行を合併し、三菱東京UFJ銀行を設立。
2008年じぶん銀行、2010年には三菱UFJモルガン・スタンレー証券などを設立。

三菱UFJフィナンシャル・グループの業績推移

2013/3期の売上高は4兆7632億2500万円でしたが、2019/3期には6兆6974億200万円にまで増加。
経常利益率は2013/3期の28.2%から、2019/3期には20.1%にまで低下しています。
2019/3期の総資産は311兆1389億300万円、自己資本比率は5.6%、営業キャッシュフローは5兆6093億500万円、投資キャッシュフローは-5兆6275億4600万円となっています。

>> もっと見る