日本取引所グループ、株式会社は、主に東京証券取引所株式会社とそれはスポット市場とデリバティブ市場の両方で動作する株式会社大阪証券取引所によって開かれた金融商品取引所市場の開放および操作に従事されています。現物市場では、日本の株価指数、外国株式指数、貴金属、このような農作物、REIT指数のパフォーマンスにリンクする製品、レバレッジド・インデックスのパフォーマンスにリンクされている製品などの商品を含め、ワンストップの様々な製品を提供しますか、とりわけ逆インデックス、。デリバティブ市場では、指数先物取引、指数オプション取引、国債先物取引、国債先物オプション取引、有価証券オプション取引や外国為替証拠金取引を提供します。それはまた、公開情報、およびコーポレートアクション情報などの様々な市場情報を提供します。 2014年3月31日、当社は5連結子会社及び関連する3つの会社を持っていました。

日本取引所グループの業績推移

2012/3期の売上高は224億9400万円でしたが、2019/3期には1211億3400万円にまで増加。
経常利益率は2012/3期の40.7%から、2019/3期には58.4%にまで上昇しています。

>> もっと見る