東京海上ホールディングス株式会社は東京丸の内に本社をおく企業。明治時代、当時伸びていた海運貿易業に欠かせない海上保険会社が設立される動きの中、1879年に前身である東京海上保険会社が創立。岩崎弥太郎、渋沢栄一、安田善次郎、大倉喜八郎、そのほか財界人・華族など200余名が株主となった。2002年には日動火災との共同持株会社「ミレアホールディングス」を設立。2008年に現在の社名に変更した。

東京海上ホールディングスの業績推移

2012/3期の売上高は3兆4159億8400万円でしたが、2019/3期には5兆4767億2000万円にまで増加。
経常利益率は2012/3期の4.7%から、2019/3期には7.6%にまで上昇しています。

>> もっと見る