ヤマトホールディングス株式会社は東京銀座に本社をおく運送会社。1919年に東京市京橋区において創立し、車両4台をもって貸切トラック輸送を開始。1923年には三越百貨店と商品配送の契約を締結。1929年には東京~横浜間に本格的な定期便を開始、国内初の路線事業となる。1957年、親子猫マーク(商標)を制定し使用を開始。1976年には、関東一円において小口貨物の特急宅配システム「宅急便」を開始。

ヤマトホールディングスの業績推移

2007/3期の売上高は1兆1615億6700万円でしたが、2018/3期には1兆5388億1300万円にまで増加。
営業利益率は2007/3期の5.8%から、2018/3期には2.3%にまで低下しています。

>> もっと見る
ノート一覧
Xknr2tc7fgviemugavn5ew

【永久保存版】宅急便はどのように普及したのか(後編)

前編では、「宅急便がどのように普及したのか」というテーマについて整理するために、ヤマト運輸の創業から業績悪化までの歴史を整理しました。

Znt6cls0y1cszxlgejdu5w

【永久保存版】宅急便はどのように普及したのか(前編)

今では当たり前のものとなっているクロネコヤマトの「宅急便」。