東京放送ホールディングス、INC。は3つの事業セグメントで動作します。放送セグメント放送、番組制作、スクリーン技術、視覚生産、コンピュータグラフィックス、オーディオ技術、照明技術、カメラカバレージ、特にコミュニティ・アンテナ・テレビジョン(CATV)投資や画像の投資に関与しています。ビジュアル・文化部門は、生産およびビジュアルとオーディオソフトウェア、ビデオソフト、テレビ番組の販売だけでなく、他の人の間で様々なイベント、の保持に関与しています。不動産セグメントは、とりわけ、不動産賃貸及び保守サービス、スタジオ管理、空調室、駐車場管理、機器のリース、保険代理店サービスの提供に従事しています。 2014年3月31日の時点で、当社は67の子会社と39の関連会社を持っていました。

ノート一覧
Xkuxof0mxbnfbtkd7n mvw

テレビ局5社を比較した上で「Abema TV」について考える

2017年10月10日 01:31

年間で200億円の赤字を掘ると言ってたサイバーエージェントが手がける「Abema TV」ですが、最近また攻めていますね。

東京放送ホールディングスの業績推移

2012/3期の売上高は3465億3800万円でしたが、2019/3期には3663億5300万円にまで増加。
経常利益率は2012/3期の4.1%から、2019/3期には7.9%にまで上昇しています。
2019/3期の総資産は7984億8100万円、自己資本比率は75.3%、営業キャッシュフローは352億1500万円、投資キャッシュフローは-215億8800万円となっています。

>> もっと見る