株式会社エヌ・ティ・ティ・データは東京都江東区に本社を置く企業。1967年日本電信電話公社データ通信本部設置当時から主に日本における社会インフラや電子計算機にかかわる事業を展開。1968年全国地方銀行協会の為替交換システム「地銀協システム」開始。1990年米国支店設置。1996年東京証券取引所市場第一部指定。2007年連結売上高1兆円達成。2015年独ダイムラー社がNTTデータをグローバルITパートナーとして採用。現在はシステムインテグレーション事業、ネットワークシステムサービス事業、その他これらに関する一切の事業などを行っている。

ノート一覧
E8itvz9eprbdpzglhcx mg

NTTデータの事業セグメントと業績の内訳

2017年04月17日 13:48

NTTデータはNTTグループ企業の一つで、「公共・社会基盤」「金融」「法人・ソリューション」「グローバル」の4つを主な事業セグメントとする。

エヌ・ティ・ティ・データの業績推移

2012/3期の売上高は1兆2511億7700万円でしたが、2018/3期には2兆1171億6700万円にまで増加。
経常利益率は2012/3期の6.0%から、2018/3期には5.7%にまで低下しています。

>> もっと見る