ソフトバンクグループは東京都港区に本社をおく企業。
1981年に孫正義氏が「日本ソフトバンク」として設立、PC用パッケージソフト流通事業を開始。
1992年にソフトベンチャーキャピタル(現SBIホールディングス)を設立。
2014年に米キャリア「スプリント」、2016年には英国「ARM Holdings」を買収。
同年には10兆円のソフトバンク・ビジョン・ファンドの設立を発表。

ソフトバンクグループの業績推移

2001/3期の売上高は3971億500万円でしたが、2019/3期には9兆6022億3600万円にまで増加。
当期利益率は2001/3期の9.2%から、2019/3期には14.7%にまで上昇しています。
2019/3期の総資産は36兆964億7600万円、自己資本比率は21.1%、営業キャッシュフローは1兆1718億6400万円、投資キャッシュフローは-2兆9080億1600万円となっています。

>> もっと見る