AECOMは、政府、企業や組織のために設計、構築、資金調達およびオペレーティング・インフラ資産に従事しています。当社のセグメントは、設計およびコンサルティング・サービス(DCS)、建設サービス(CS)および管理サービス(MS)が挙げられます。そのDCSセグメントは、輸送、施設、環境、エネルギー、水、政府などの主要エンド市場で商業と政府のクライアントに企画、コンサルティング、建築、エンジニアリング設計サービスに従事しています。そのCSセグメントは、主にアメリカで、建物の建設、エネルギー、インフラ、産業建設などの建設サービス、に従事しています。そのMSセグメントは、プログラミングに従事し、主に米国政府の機関や他の国の政府のために、管理やメンテナンス、トレーニング、物流、コンサルティング、技術支援、およびシステムインテグレーションと情報技術サービスを促進されます。

AECOMの決算資料・開示資料
日付 種別
2019年05月08日 決算資料 10-Q
2019年02月06日 決算資料 10-Q
2018年11月13日 決算資料 10-K
2017年11月14日 決算資料 10-K
2016年11月16日 決算資料 10-K
2015年11月25日 決算資料 10-K
2014年11月17日 決算資料 10-K
2013年11月13日 決算資料 10-K
2012年11月19日 決算資料 10-K
2011年11月21日 決算資料 10-K

AECOMの業績推移

2010/9期の売上高は65億4579万1000ドルでしたが、2018/9期には201億5551万2000ドルにまで増加。
営業利益率は2010/9期の5.2%から、2018/9期には2.1%にまで低下しています。
2018/9期の総資産は146億8113万1000ドル、自己資本比率は27.9%、営業キャッシュフローは7億7455万3000ドル、投資キャッシュフローは-5908万7000ドルとなっています。

>> もっと見る