K&Oエナジーグループ株式会社は、2014年国内における水溶性天然ガス開発のリーディングカンパニーとして国産天然ガスやヨードの開発・生産に携わる関東天然瓦斯開発株式会社と、千葉県内の家庭に都市ガスを販売する大多喜ガス株式会社の親会社として設立された。主な事業領域はガス事業、ヨード・かん水事業。ガス事業では国際情勢の影響を受けない千葉県産天然ガスを中心とした体制を構築している。

K&Oエナジーグループの業績推移

2014/12期の売上高は861億3900万円でしたが、2016/12期には564億5000万円にまで減少。
営業利益率は2014/12期の5.8%から、2016/12期には5.7%にまで低下しています。

>> もっと見る