株式会社 翻訳センターは、大阪市に本社をおく企業。1986年に大阪・道修町に医薬専門の翻訳会社として設立し、工業分野、特許分野などと翻訳の分野を広げ2006年、大阪「ヘラクレス」上場。現在は特許分野、医薬分野、工業分野、金融・法務分野、ローカライゼーションなどの領域で翻訳事業を展開するほか、校正サービスやテープ起こし・音声吹込み、多言語コンタクトセンターなども展開している。

翻訳センターの業績推移

2012/3期の売上高は55億3685万6000円でしたが、2017/3期には102億1800万円にまで増加。
経常利益率は2012/3期の7.9%から、2017/3期には6.8%にまで低下しています。

>> もっと見る