夢の街創造委員会株式会社は、大阪市に本社をおく企業。1999年に設立、翌年デリバリー総合サイト「出前館」を開始。2003年には株式会社レオパレス21の「レオネット」にコンテンツを提供、2004年ヤフー株式会社と「Yahoo! 出前注文サービス」の業務提携などを経て2006年、大阪ヘラクレスに上場。その後もソネット・エムスリー株式会社、ASKUL、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社、任天堂などと提携し事業を拡大している。

夢の街創造委員会の業績推移

2009/8期の売上高は10億7400万円でしたが、2018/8期には54億3000万円にまで増加。
営業利益率は2009/8期の16.0%から、2018/8期には15.4%にまで低下しています。

>> もっと見る
ノート一覧
Y5 tk4dhgxv54eb7onreug

日本のフードデリバリ「出前館」の成長確度が高すぎる件について

こんにちわ。ぶんせき君です!本日は、日本のフードデリバリーシステムである「出前館」を運営する夢の街創造委員会を見てみましょう。

6zbs0xkgiznbar0zxymtaq

【2016年8月期】デリバリーサイト「出前館」を運営する夢の街創造委員会の事業と業績の内訳

夢の街創造委員会はデリバリー専門サイト「出前館」を運営するほか、飲食店向けの通販事業も展開。2016年8月期の売上高は41億5483万円、経常利益は5億7904万円。