第一カッター興業は神奈川県茅ケ崎市に本社をおく企業。
1967年コンクリート構造物の切断・穿孔工事を目的とし設立。
2004年JASDAQ市場に上場、2017年に東証二部へ市場変更。
道路等の舗装やコンクリ構造物の解体・撤去時に必要な「切断・穿孔事業」を中心に、「ビルメンテナンス事業」等も手掛ける。
切断・穿孔工事に関する多くの技術をもつため、HP上に「われわれに切れないものはない」と一言。

第一カッター興業の業績推移

2012/6期の売上高は80億7285万6000円でしたが、2018/6期には162億8300万円にまで増加。
経常利益率は2012/6期の6.5%から、2018/6期には13.9%にまで上昇しています。

>> もっと見る