株式会社大戸屋ホールディングスは、東京都武蔵野市に本社をおく企業。三森栄一氏が、東京池袋(現在の池袋東口店)に「大戸屋食堂」を開店したのが始まり。 「全品50円均一」というユニークな経営を行い、連日千人を越す客の支持を受け「50円食堂」として親しまれる。その後、長男の三森久実氏が事業を継承し、1983年に株式会社大戸屋を設立し、2010年大阪ヘラクレスに上場。香港、シンガポール、アメリカ、タイ、上海などでも事業を展開。

大戸屋ホールディングスの業績推移

2012/3期の売上高は186億9347万3000円でしたが、2018/3期には262億6532万9000円にまで増加。
経常利益率は2012/3期の2.0%から、2018/3期には2.5%にまで上昇しています。

>> もっと見る