日本電技株式会社は、1959年に空調自動制御の設計・施工・調整・保守まで一貫して行う日本初の専業会社として設立された。アズビル株式会社と協調し、培った技術力を空調以外の分野にも展開するエンジニアリング企業になった。主な事業はオフィスビルや工場の生産ラインなどの自動化で、「計測」「監視」「制御」という「計装」のコアテクノロジーを軸に事業を展開する。

日本電技の業績推移

2012/3期の売上高は208億5244万1000円でしたが、2017/3期には276億5208万円にまで増加。
経常利益率は2012/3期の5.2%から、2017/3期には10.7%にまで上昇しています。

>> もっと見る