アリアケジャパン株式会社は、東京恵比寿に本社をおく企業。1966年、有明特殊水産販売株式会社として設立。1978年に長崎県北松浦郡小佐々町に畜産エキス生産工場を建設。1995年東証二部に上場。2002年東証一部上場。チキン・ポーク・ビーフなどを原料とする畜産系天然調味料のリーディングカンパニーとして、大規模な工場で一貫生産したブイヨン、業務用ラーメンスープ、ソースデミグラスなどを即席麺メーカー、外食産業、食品加工業などに販売。

ノート一覧
T8foypjsj1cwsmdqlbbogw

中食外食産業の影の主役 ファミマや王将の味を支える「アリアケジャパン」

2019年04月03日 20:00

「アリアケジャパン(証券番号:2815)」は、セブンイレブンやファミマ、餃子の王将など大手コンビニ・外食チェーンを支える会社で、「食のインテル」とまで呼ばれています。

アリアケジャパンの業績推移

2009/3期の売上高は217億3600万円でしたが、2019/3期には565億5016万8000円にまで増加。
営業利益率は2009/3期の13.3%から、2019/3期には21.1%にまで上昇しています。

>> もっと見る