フィリップス66パートナーズLPは、所有して動作し、開発し、手数料ベースの原油、石油精製品や天然ガス液(NGL)パイプライン、端末と他の交通機関や中流資産を取得します。当社は中央、湾岸、大西洋盆地と米国の西部地域では原油と石油精製製品パイプライン、ターミナル、鉄道ラックおよびストレージシステムを輸送するための関税や手数料を充電します。当社の資産はまた、クリフトンリッジ原油システム、パサデナ製品システムへスウィーニー、ハートフォードコネクター製品、システム、ゴールドライン製品紹介システム、メドフォード球、Baywayレールラック、ファーンデールレールラック、クロスチャネルコネクター・プロジェクト、イーグルフォードを含むシステムで構成します収集システムプロジェクト、サンドヒルズ/サザンヒルズ/エクスプローラーパイプライン合弁事業、バッケンジョイントベンチャーとバイユー橋の合弁会社。そのクリフトンリッジ原油システムはサルファー、ルイジアナ州に位置する原油パイプライン、端末とストレージシステムです。

Phillips 66 Partners LPの決算資料・開示資料
日付 種別
2019年07月26日 決算資料 10-Q
2019年04月30日 決算資料 10-Q
2019年02月22日 決算資料 10-K
2018年02月23日 決算資料 10-K

Phillips 66 Partners LPの業績推移

2016/12期の売上高は8億7300万ドルでしたが、2018/12期には3300万ドルにまで減少。
営業利益率は2016/12期の52.9%から、2018/12期には2424.2%にまで上昇しています。

>> もっと見る