ブラックベリー・リミテッド(ブラックベリー)は、モバイル通信ソリューションを提供しています。当社は、スマートフォンや企業向けソフトウェアおよびサービスの販売に従事しています。当社の製品とサービスは、エンタープライズソリューションとサービス、デバイス、BlackBerryのテクノロジーソリューションとメッセージングが含まれます。これは、エンタープライズモビリティ管理(EMM)とモバイルセキュリティを提供に従事する、とBlackBerry Enterpriseサービス(BES)12およびグッドプラットフォーム、BES12を含む生態系やデバイスの範囲、全体に展開することができ、エンタープライズ・ソフトウェア・ソリューションおよびサービスのポートフォリオを提供していますクラウド、企業ファイル同期・アンド・シェア(EFSS)、企業向けSecuSUITE、拡張加入者識別モジュール(SIM)ベースのライセンス(ESBL)、BlackBerryソリューションおよびプロフェッショナルサイバーセキュリティサービスにより可使。 QNX、Certicomの、Paratek、ブラックベリーのIoTプラットフォームと知的財産と特許ライセンス(IPPL):ブラックベリーテクノロジーソリューションビジネスユニットは、5つのユニットで構成されています。

クリップ
海外企業

Powered by IEX.

ブラックベリー・リミテッドの業績推移

2011年3月期の売上高は199億700万ドルだったが、2017年2月期には13億900万ドルにまで減少した。営業利益率は2008年3月期の28.81%から、2014年3月期には-105.14%にまで減少。2017年2月期の総資産は32億6300万ドル、自己資本比率は63.04%、営業キャッシュフローは-2億2400万ドル、投資キャッシュフローは7億2400万ドルとなっている。

>> もっと見る
ノート一覧
Z5p5maj5zugq5vvmzl  ag

金融マンが愛用した「BlackBerry」の現在:ソフトウェア企業に転身して黒字化!

今回はかつてビジネスマンの間で大人気だった携帯端末「BlackBerry」の現在に迫っていきたいと思います。

By K.Ando
Bzb1kczkgvcpsx hiy51nw

ピボットしたブラックベリー

ブラックベリー社はカナダオンタリオ州に本社を構え、Enterprise of Thingsとして企業向けにセキュリティーソフトなどを販売しています。かつて社名はResearch in Motionという社名でモバイルOSと通信機器メーカーで、企業向け及び個人向けに端末を販売していました。業界関係者はみんなRIM(リム!リム!)と言っていたのが記憶に新しいです。2007年頃になるとiPhone、AndroidOS端末、マイクロソフトのWindows Phoneなどが新しく出現し始め、当時のモバイルアプリエンジニアやサービス提供者は従来のガラケー向けサービスに付け加え、さらに台頭してくる端末それぞれにサービスを対応しなければならず、大変な次期でした。そのなかでもブラックベリーのアプリストアである、AppWordにはビジネスマンを対象にしたアプリが多かったようです。

By 米国IPO レポート