株式会社クロスプラスは名古屋市に本社をおく企業。1951年、辻村重治氏が婦人ブラウス製造卸を目的に名古屋で櫻屋商店として創業。2001年より商号をクロスプラス(株)に変更し、2004年東京証券取引所に上場。婦人服や子供服の企画・製造と卸売を行う。衣料品の一大生産地である中国に多数の協力工場を持ち、安定生産、品質向上に努めていることによる高い在庫回転率、幅広いネットワークを駆使して、トレンドを敏感につかむことによる企画力などが強み。

クロスプラスの業績推移

2013/1期の売上高は792億2100万円でしたが、2018/1期には627億8000万円にまで減少。
経常利益率は2013/1期の-0.5%から、2018/1期には0.8%にまで上昇しています。

>> もっと見る