エリクソン社は、スウェーデンベースの通信事業者です。当社は、様々な業種の生態系を作成し、ハードウェア、ソフトウェア、およびモビリティ、ブロードバンドおよびクラウドで開発を推進サービスを提供しています。エリクソンのコア事業は、ラジオ、Coreおよび伝送、およびテレコム・サービスです。ネットワーク、グローバルサービスおよびサポートソリューション:エリクソンは、3つの事業セグメントを介して動作します。その対象地域は、ビジネス・サポート・システム(OSS)およびビジネスサポートシステム(BSS)を含みます。テレビやメディア、およびインターネットプロトコル(IP)とクラウド。ネットワーク部門は、モバイルと固定通信、無線ネットワーク、IPおよび伝送ネットワーク、コアネットワークとクラウドのさまざまな世代のための製品やソリューションを提供しています。グローバル・サービス・セグメントは、マネージドサービス、製品関連のサービス、コンサルティング、システムインテグレーションサービス、ならびに放送およびメディアサービスを提供しています。そのサポートソリューション部門は、事業者のためのソフトウェアスイートを提供しています。

ノート一覧
V4u u5 zzrnwrulxwhey7w

「トランプvs中国」で追い風!5G設備で米国10%増収の「エリクソン」2018年決算

2019年02月02日 20:00

今回は世界最大手の通信設備メーカー「エリクソン」の最新決算をピックアップします。

Ericssonの業績推移

2015/12期の売上高は2469億2000万でしたが、2016/12期には2226億800万にまで減少。
営業利益率は2015/12期の8.8%から、2016/12期には2.8%にまで低下しています。
2016/12期の総資産は2833億4700万、自己資本比率は49.3%、営業キャッシュフローは140億1000万、投資キャッシュフローは-82億8300万となっています。

>> もっと見る

Powered by IEX.