デリカフーズ株式会社は東京都足立区に本社をおく「業務用の八百屋」企業。昭和54年に設立、平成17年東証二部、平成26年東証一部に上場。産地から野菜を入荷し、顧客ニーズに応じて工場で野菜をカットし、ファミリーレストラン、ファーストフード、コンビニなど外食産業や中食産業と呼ばれる業態の企業に届けるのが主な事業。365日、各店舗配送機能を持つこと、鮮度を保ったまま野菜を運ぶ技術力、価格管理機能、産地と外食・中食をつなぐ情報流通機能などが強み。

デリカフーズホールディングスの業績推移

2012/3期の売上高は231億9259万5000円でしたが、2018/3期には372億5227万2000円にまで増加。
経常利益率は2012/3期の2.5%から、2018/3期には2.1%にまで低下しています。

>> もっと見る
ノート一覧
Gxwglmjjsiowencnzztdra

「中食」ブームで業績拡大!日本のカット野菜ビジネスを切り拓いた「デリカフーズ」

完成済みの料理を家に持ち帰って食べる「中食」がブームとなる中で成長している企業があります。